面接官の立場から

面接官の立場から

 以前、中小企業での人事課で面接を受け持っていました。その際に沢山の人に会い面接させていただいた経験から、いくつかアドバイスをしていきたいと思います。。

 

 まず多い間違いは、自分の求職先の職種と経営方針もわからずに面接に来ることです。職務経歴や履歴書なんかに事細かに経歴や希望など書いていますが、企業が求めているものとのギャップが大きすぎる事が多々あります。

 

 面接官にとって職務経歴も大事な採用ポイントですが、その前にその人の人間性をも見ています。言葉使い、顔の表情や清潔感なんかも対象ですね、面接は受付時から始まっていると思うほうがいいです。

 

 面接が始まったら好感を持てる身だしなみや言葉使いで、見栄を張らず、真摯な態度で臨んでください。

 

 面接内容としては通常的な質問から始まりますが「自己アピール」など間違いなく出る質問かと思います。前日の準備で、理路整然と説明できるようにしたいですね。特に新卒ではなく中途採用ならば、若い人たちと同じ内容の言い方では採用されませんよ。

 

 今まで学んだノウハウや経験から、新卒や職歴の浅い人たちとの「差」が提示できたらいいと思います。会社側から会ってくれと言われるチャンスは、求職者にとっては就職の第一歩です。

 

 まず、面接官との会話で企業と求職者の相性みたいなものがわかります。言い換えると面接官に会ってすぐ「合否」が決まることもありますから、面接は慎重にしてください。