転職面接の時に気をつける服装のポイント

転職面接の時に気をつける服装のポイント

 転職面接の際の服装はどんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

 

【おすすめサイトのご紹介】
転職サイト おすすめ
人に合う転職サイトが、あなたに合うとは限らない。あなたへのおすすめご用意があります。

 

 男女ともにまずは清潔感です。男性ならばワイシャツにちゃんとアイロンが掛けてあるか、ネクタイの柄は派手過ぎないか、ネクタイは曲がっていないか、靴が汚れていないかといった事に気をつけましょう。

 

 シャツの色は白でなくても良く、薄めのブルーやピンク、グレーなどでも大丈夫です。靴はスーツやバッグの色に合わせて黒か茶の革製が基本です。ぴかぴかに磨いてあれば好印象です。髪は短髪でなくても良いですが、ちゃんと散髪、洗髪してあることは当たり前の最低条件です。スーツの肩にフケが落ちているなどは論外です。

 

 女性の場合は明るめの色のスーツ、ジャケットでもOKですが、スリットの入ったスカートはNGです。シャツもフリルのついたものや胸元の大きく開いたものはダメですが、インナーにシンプルなカットソーやニットでも大丈夫です。靴はハイヒールよりローヒールの方が良く、色は黒が無難です。スーツやジャケットに合わせたべージュやグレーでも大丈夫です。

 

 女性の場合最も気をつけなければならないのがメイクです。髪の色は真っ黒でなくても良いですが、明るすぎる色はやめましょう。メイクもつけまつげ、マスカラの重ね塗り、濃いアイライン、濃いほほ紅は止め、ナチュラルメイクをするように心掛けましょう。

 

 服装に関しては受ける会社によっても違います。ファッション系の企業などでは堅いスーツよりファッション性の高いジャケットの方が好印象の場合もあります。どんな社風の会社なのかよく調べて服装を決める事が大切です。