企業の本質を見抜いて転職を成功させる

企業の本質を見抜いて転職を成功させる

 転職で最も重要なのは、会社の本質を見抜くことです。その会社がどんな考え方でどのように従業員を扱っているのかは、なかなか外部からは分かりづらいものです。世間的に評判がよい優良企業であっても、一歩中に入ってみると従業員に過大な労働を強いるブラック体質の企業ということもありません。

 

 新たな可能性を求めて転職をしたのに、ブラック企業に入社してしまっては大問題です。おかしな会社に転職してしまわないように、転職活動の段階から企業の本質にしっかりと目を向けることを心がけましょう。

 

 まず会社の本質は求人情報に現れます。求人情報にはあまり多くの情報が記載されていないように見えますが、じっくりと読み込むことで企業の本質が浮かび上がってきます。求人情報に給与の額を明記していなかったり、手当や保険の取り扱いについての記載がない会社は、社員の待遇に関してルーズな傾向があります。残業をしたのに無休で働かせるサービス残業を強いられたりしてはたまりませんから、安易に応募することは避け、どんな会社なのかをよく調べてるが求められます。

 

【おすすめ情報】
三十代 転職
情報収集とキャリアの見直しは、三十代の転職に必須です。情報収集のお手伝いならこちらから。

 

 勿論そんな意図はない場合もありますから、不明瞭な点をはっきりさせておくために企業に問い合わせをしておきましょう。

 

 採用人数を明記していない求人にも注意が必要です。企業が転職者を採用するのは、欠員が出たときか新規事業などで人手不足が想定されるときです。どちらの場合でもどのくらいの人数を採用するのかは事前に決まっているはずです。単に大量採用などと書かれているだけの求人には、慎重に対処する必要があります。